新聞記者関連の情報を収集してます


by 6ws2nrieoa

<   2010年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 国の特別天然記念物トキの野生復帰を目指し、09年9月に2回目の放鳥が行われた新潟県佐渡市(佐渡島)で19日、3歳の雄と1歳の雌がくちばしで挟んだ小枝を渡す「枝渡し」をする様子が確認された。トキの求愛行動で、放鳥後、初の「2世誕生」に期待が高まっている。環境省によると、放鳥トキの雄と雌の継続的な枝渡しが確認されたのは初めて。

 雌は09年9月に2次放鳥され、本州に渡った後、同島に戻った。2月7日以降、08年9月に1次放鳥された雄と行動をともにしている。しかし同省によると、この雌は別の3歳の雄と枝渡しすることもあるという。

 トキは繁殖期を迎えると、羽を黒灰色の「生殖羽(う)」に変え、群れから離れてペアをつくる。今回、雄は完全に黒く変色し、雌も首の周りが色づき始めている。同省の笹渕紘平自然保護官は「この雌は1歳とまだ若いが、繁殖に期待したい」と話している。【畠山哲郎】

【関連ニュース】
トキ:いしかわ動物園の繁殖ケージで4羽が“新生活”
トキ:佐渡のペア2組が石川へ 分散飼育2例目
トキ放鳥3カ月 模索続く「野生」 餌やりの是非、論議に
講演:金子獣医師、博士号授与記念し−−21日、トキ交流会館 /新潟
記者日記:コウノトリ舞う街 /埼玉

<小沢幹事長>「青木氏は役割終えた」…対抗馬の擁立会見(毎日新聞)
セクハラ、アカハラ十数人…成蹊大教授を懲戒免(読売新聞)
<日本ペンクラブ>グーグル和解案に反対表明 米公聴会(毎日新聞)
<福知山線脱線事故>検察審査会、遺族から意見聴取(毎日新聞)
<顧問・参与>各府省庁で計187人 最多は外務省の34人(毎日新聞)
[PR]
by 6ws2nrieoa | 2010-02-26 22:20
 22日午後5時55分ごろ、高松市栗林町の市道三差路の横断歩道を渡っていた同市立栗林小2年佐々木悠衣さん(8)が、同市河港課長白井秀憲容疑者(58)=香川県三木町氷上=運転の乗用車にはねられた。佐々木さんは頭を強く打ち重体。県警高松南署は同容疑者の信号無視が原因とみて、自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕し調べている。 

【関連ニュース】
変死の女児に暴行=日常的に虐待か、母の夫逮捕
県立高教諭、酒気帯びで事故=2人にけが負わせ逮捕
19歳少年を逮捕=大学生の傷害致死容疑
集団暴行受け、中2重体=少年4人を逮捕
警察署内で拳銃奪い発砲=警察官が腕にけが

<愛知2児遺体>へその緒ついたまま 医療機関以外で出産か(毎日新聞)
富士山の日 山梨で講談の夕べ 神田紫さん初口演(毎日新聞)
「夢の原子炉」運転再開へ なぜ遅れたのか(産経新聞)
平野官房長官「検察の裏金」行政評価は当然(産経新聞)
<築地市場>移転巡り都議会・民主党反対姿勢 知事と対決へ(毎日新聞)
[PR]
by 6ws2nrieoa | 2010-02-25 21:05
 支持率低下に歯止めがかからない鳩山内閣だが、閣僚の中で、前原誠司国土交通相の人気上昇が目立っている。TBS系列のJNNの世論調査(2010年2月12、13日)では、鳩山内閣の支持率が前回(2月6、7日)より1.5ポイント下がって44.4%、不支持率が同1.9ポイント上昇して55%になる中、「今の内閣で期待する大臣」で、前原国交相が09年11月調査比3ポイントアップの18%でトップに躍り出た。

 2位は新任の枝野幸男行政刷新相(11%)。前回トップだった長妻昭厚生労働相が同14ポイント減の10ポイントで3位(菅直人副総理と同率)に落ちたのとは対照的だ。

■「住民感情をいたずらに逆なでし、説得を難しくした」

 産経新聞の世論調査(2月6、7日実施)の「次期首相にふさわしい政治家」でも、舛添要一前厚労相(14.5%)には及ばないものの、前原氏は前回調査比2.4ポイントアップの9.8%に躍進し、2位の鳩山首相(2.0ポイント減の10.1%)に肉薄した。同紙は「小沢一郎民主党幹事長の政治資金問題に関し、小沢氏に厳しい態度で臨んだ」ことが期待度上昇の要因と分析する。

 確かに、各種世論調査でも国民の多数が小沢氏の説明不足を批判し、半数前後が幹事長辞任または議員辞職を求めているにもかかわらず、民主党内からなかなか批判の声が起こらない異常な状況の中で、表立った批判を控える岡田克也外相とは違い、前原氏は枝野氏らと並んで「けじめ」を求める発言を繰り返し、目立っている。

 ただ、実際の政策では、経済界や官界から疑問符がつく行動や発言も少なくない。

 最初に「ミソ」をつけたのが、就任してすぐに打ち出した八ツ場ダム(群馬県長野原町)の建設中止だ。民主党が掲げる「コンクリートから人へ」の象徴として喝采を浴びたのは事実だが、「マニフェストに書いてあるから」との説明は、長年、ダムの賛否に割れて最終的に建設・移転を受け入れた地元住民との長年の関係をまったく無視したもので、「住民感情をいたずらに逆なでし、説得を難しくした」(経済官庁幹部)というのが、行政関係者の一致した見方だ。

■トヨタリコール問題で「顧客目線が欠けている」

 破綻したJALの再建問題の迷走も記憶に新しい。「法的整理は考えていない」「法的整理を否定したことはない」と揺れ、そのたびに株式市場を右往左往させた。自身の親しい関係者を中心に構成した「タスクフォース」に再建計画を練らせようと、法的裏づけもなく独走した挙句、タスクフォースは解散、公的な産業再生支援機構の支援を受けることになった。このため、タスクフォースに資産査定などをさせた1カ月を無駄に空費し、「経営悪化を加速させた」(JAL関係者)との批判が上がった。しかも、タスクフォースは査定の実務などの経費が10億円程度かかったといわれる。前原氏の肝いりだったにもかかわらず、JALが負担することになり、この分も結果的にJALの負債を増やした。

 トヨタ自動車のリコール問題でも、前原氏は会見で「顧客目線が欠けている」(2月5日)と語ったことに、「世論に便乗してカッコつけるより、国益を考えるべきだ」(経済団体関係者)との批判がある。ブレーキの効きの遅れを「運転者の感覚の問題」と会見で語るなどトヨタの認識の甘さがあったとはいえ、「米国では運輸長官が議会公聴会でトヨタ車の『運転をやめるように』と口を滑らせたように、官民挙げてのトヨタ叩き状態」(同)という中で、日本のトップメーカーをさらに追い詰めるような発言を閣僚がするのは問題だ、というわけだ。ちなみにトヨタ労組出身の直嶋正行経済産業相は、「今回は比較的速い判断。これを糧にユーザーの信頼を回復し、不信を買わない対応をしてほしい」(9日の会見)とトヨタをかばったのとは好対照だ。

 政治とカネの問題で、視界がなかなか開けない鳩山政権。首相自身もさることながら、脇を固める閣僚の人気は内閣の大きな支えだが、政策遂行には危うさがつきまとう。


■関連記事
「プリウス」リコール対応 「かき入れ時」と重なり販売店悲鳴 : 2010/02/15
トヨタ叩きから一転擁護に NYタイムズ購入勧める記事 : 2010/02/12
鳩山内閣支持率30%台突入 政権「危険水域」迫る? : 2010/02/15
フェラーリと同価格帯!?  「レクサス」のスポーツカー : 2009/10/23
連合より「キャバクラ労組の方が偉い」3つの理由 : 2010/02/15

<皇太子ご夫妻>ノーベル平和賞のマータイさんと懇談(毎日新聞)
<鳩山首相>冬季パラリンピック選手にエール(毎日新聞)
ゆるキャラ「江姫」苦戦(産経新聞)
民事再生法違反 容疑のIT会社社長ら6人逮捕 警視庁(毎日新聞)
宗教法人代表を起訴=女性信者に乱暴−水戸地検(時事通信)
[PR]
by 6ws2nrieoa | 2010-02-24 13:35
 全日空は17日、グループ会社「エアーニッポンネットワーク」が運航する「ボンバルディアDHC8―Q300型機」3機で、本来は必要な部品の点検・交換をしないまま、飛行時間を1200〜1900時間超過していたと発表した。

 点検・交換を怠っていたのは、プロペラの角度を変える「アクチュエーター」とプロペラ内部のオイル配管。いずれも1万500時間ごとに点検・交換が必要だったが、同社が2001年以降に機体を就航させた際、コンピューターへの点検期間の入力を怠っていたため、超過が見落とされていた。

 1月下旬頃、羽田空港に駐機していた1機の右翼部のアクチュエーターからオイル漏れがあり、予備の部品を注文したところ、部品を検査する部署の指摘で見落としが判明した。

米、原発新設に融資保証、30年ぶり再開、日本企業にも商機(産経新聞)
若者はしか予防追加接種の低迷続く 東北18歳は平均上回る(河北新報)
シュワブ陸上案の問題点指摘=前原沖縄相(時事通信)
ポンペイ島の生活習慣病 ラグビーで防ごう 武蔵野から交流団派遣(産経新聞)
陸自、ハイチで活動開始…宿営地外で整地作業(読売新聞)
[PR]
by 6ws2nrieoa | 2010-02-23 09:25
 共産党の市田忠義書記局長は15日午後の記者会見で、小沢一郎民主党幹事長が「検察の捜査に勝るものはない」として衆院政治倫理審査会出席に否定的な考えを示していることについて「ひどい論理だ」と批判した。
 市田氏は、小沢氏の不起訴処分に関し「刑事罰を与えるだけの明確な証拠が見つからないだけで、疑いはある」と指摘。その上で「小沢氏や石川知裕衆院議員を証人喚問して真相究明することが大事だ」と強調した。 

<心臓移植>改正法間に合わず米で手術 寄付呼びかけ(毎日新聞)
【from Editor】テロで失われる命の尊さ(産経新聞)
同級生「残念」と一言=大森さん告別式−石巻殺傷事件(時事通信)
<銃弾?入り封筒>東京地検に届く 小沢氏の捜査に抗議か(毎日新聞)
上田容疑者を起訴=円山さん殺害、連続不審死−鳥取地検(時事通信)
[PR]
by 6ws2nrieoa | 2010-02-22 11:34
 日本航空の稲盛和夫会長と大西賢社長が19日、1985年のジャンボ機墜落事故の残存機体などを展示する社員研修施設「安全啓発センター」(東京都大田区)を視察した。
 同センターには、事故原因となった圧力隔壁や遺品の一部も展示され、社員が安全への決意を再確認するための場になっている。
 会社更生法の適用申請時に辞任した西松遙前社長は在任中、事故日の8月12日に欠かさず慰霊登山をするなど、安全への取り組みに熱心だったことでも知られた。この日の視察は、経営陣が変わっても同社の安全に対する姿勢が変わらないことを示す狙いもあるとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
特集・エールフランス機墜落
【特集】御巣鷹山の真実-記者が語る日航ジャンボ機墜落事故
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕米旅客機不時着事故

バス運転手意識失い乗客がブレーキ、救命措置も(読売新聞)
“無申告”首相「よい国のためぜひ納税を」 確定申告16日にスタート (産経新聞)
<自民党>舛添、菅、塩崎氏ら勉強会発足 政界再編含み?(毎日新聞)
バンクーバー五輪 視聴率、開会式は25.4%…関東地区(毎日新聞)
沖縄基地検討委の延期申し入れへ=与党3党国対委員長(時事通信)
[PR]
by 6ws2nrieoa | 2010-02-20 21:00
 政府は12日午前の閣議で、当初予定していた国家公務員法改正案の決定を先送りした。原口一博総務相が事前に、事務次官・局長級から部長級への降格を可能にする規定が不明確と注文を付けたため。鳩山由紀夫首相は閣議後の閣僚懇談会で「非常に重要な案件なので、きちっと明確になるようにしてもらいたい」と、公務員制度改革を所管する仙谷由人国家戦略担当相ら関係閣僚に再調整を指示した。
 同法案は、事務次官について「(局長級と)同一の職制上の段階に属するとみなす」とし、局長級への異動を柔軟に行えるよう規定。さらに、次官・局長級で勤務実績が劣るなどの要件に該当する場合は「その意に反して降任を行うことができる」との表現で、部長級への降格を可能にしている。 

【関連ニュース】
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
枝野氏は仙谷氏の隣=閣僚席次
記者会見の開放状況を調査へ=原口総務相
「事務次官」存続に総務相が異論=公務員改革法案
「市町村負担金」廃止を=原口総務相

石川議員離党「重い決断」=前原氏「小沢氏にも責任」−閣僚(時事通信)
<中宮寺跡>心柱立てる施設跡を確認 奈良・斑鳩町教委(毎日新聞)
高校生刺傷で50代男聴取=徳島県警(時事通信)
高齢資産家から現金詐取、兵庫県臨時職員を逮捕へ(読売新聞)
住宅全焼、焼け跡から68歳夫婦?の遺体(読売新聞)
[PR]
by 6ws2nrieoa | 2010-02-19 20:51
 冬場によく使う電気こたつや電気あんかで、内部の断線から電源コードが突然燃えだす火災が続いている。コードを製品本体にぐるぐる巻いて保管したり、家具の下に敷いたりといった何気ない使い方で危険度が高まる上、布団などに燃え移り大きな被害が出ることも多いとして、経済産業省所管の独立行政法人、製品評価技術基盤機構は注意を呼び掛けている。
 同機構によると、コードに無理な引っ張りやねじれによる負荷が繰り返しかかると、内部が断線しやすく、ショートして火花が出たり異常発熱したりするという。
 断線が原因の火災や事故は2004〜08年度に計185件発生。05年には愛媛県で電気あんかが発火し3人が死亡したほか、電気カーペットと電気毛布による4件でも死者が出ている。
 コードの断線は、こたつの足や家具で踏んだ場合や、あんかや毛布を使わない時に本体やリモコンに巻くといった保管方法から起こりやすいという。暖房器具以外でも、ヘアドライヤーで多発しているほか、電気掃除機のコードをドアに挟んだ断線も多かった。 

「検察の暴走、別件逮捕だ」 民主・福田氏が石川被告捜査を批判(産経新聞)
ボンバル機の部品交換怠る…全日空発表(読売新聞)
水俣病、救済対象者を拡大=和解協議で提案−環境省(時事通信)
旧軍人・軍属の遺骨219柱、韓国に返還へ(読売新聞)
勤務時間管理で先進例調査=超勤縮減も視野−総務省(時事通信)
[PR]
by 6ws2nrieoa | 2010-02-18 19:09
 財務省は11日までに、国債や借入金などを合計した「国の借金」が2009年12月末で871兆5104億円となり、前回公表した9月末から6兆9878億円増加し、過去最大を更新したと明らかにした。今年1月1日時点の人口推計(1億2747万人)から算出すると、国民1人当たり約684万円の借金を背負っていることになる。
 麻生前政権が策定した経済対策の財源確保に伴う国債増発が主な増加要因。さらに09年度第2次補正予算成立で09年度の国債発行額は過去最大の53兆円に膨らむため、財務省は3月末には国の借金は900兆円を突破すると推計している。 

【関連ニュース】
衆院予算委の詳報
「政治とカネ」、第2ラウンドへ=1日から代表質問
施政方針演説全文
首相「政治とカネ」辛くも乗り切る=閣僚ら答弁窮す場面も
国債発行、13年度に55兆円=予算100兆円に膨張

<「梁山泊」脱税>代表と2社を起訴…大阪地検特捜部(毎日新聞)
<小沢幹事長>「政治塾」の冬季講義始まる 60人が参加(毎日新聞)
民主・小林千代美議員陣営の選挙違反、北教組捜索(読売新聞)
クレーン車 バスに追突、アームが窓ガラス破り7人軽傷(毎日新聞)
<毎日育英会奨学生>卒業祝賀会を東京で開催(毎日新聞)
[PR]
by 6ws2nrieoa | 2010-02-17 20:03
 山下一海さん77歳(やました・かずみ=俳文学者、鶴見大名誉教授)15日、肺炎のため死去。葬儀は20日午前11時、東京都国分寺市本多4の2の2のきわだ斎場。喪主は妻良枝(よしえ)さん。

 蕪村や芭蕉を中心とする、近世俳諧研究で知られた。主な著書に「中興期俳諧の研究」「芭蕉と蕪村」「白の詩人−−蕪村新論」など。

「高齢者限定規定」から新型インフルを除外へ―予防接種法(医療介護CBニュース)
<バンクーバー五輪>「ゴー、カナダ!」 地元興奮最高潮(毎日新聞)
【1都4県週刊知事】埼玉 上田清司知事 高速無料実験に異議(産経新聞)
九州「正論」 横田さん夫妻講演 「侵略の危機 教えて」(産経新聞)
GWG買収仲介で脱税会計士、韓国が引き渡しへ(読売新聞)
[PR]
by 6ws2nrieoa | 2010-02-16 20:27